経営コース
TOP > マネジメント学部 > 経営コース
経営のダイナミックさを学び、心豊かな社会を創る人材を育てます。

あらゆる企業や組織で必要とされる、ビジネスの知識とマネジメントの能力を身につけ、グローバル時代を切り拓くための新しい発想力と実践力、チームワークを修得します。さまざまな分野で自分らしくビジネスを通じて社会貢献ができる人材を育てます。

学びのポイント

  • 経営学を「楽しく」学ぶ実際の企業活動を映像で学びます。また、工場見学やビジネスゲームの活用で、ビジネスの面白さを視覚的・体験的に知ることから始めます。
  • 経営学を「国際的視野」で学ぶ「海外から日本を見る」経営が重要な時代となってきました。経営学の基本を修得し、最新の国際的ビジネスの事例を通じて、学びます。
  • 最新の「メディア」を使ったビジネスを学ぶ新しいメディアの登場でビジネスも変化しています。スマートフォン用アプリの企画・開発や3Dプリンタを使った商品開発などの実践的演習を通じて、時代に合った新しいビジネスを創造できる力を養います。

学びのスタイル

「企画力」「提案力」「創造力」をさまざまな検証や実習を通じて体得する。

ユニークな「企画力」を鍛える

グループ形式の問題解決型ゼミで学ぶ

顧客の喜ぶ商品・サービスは、個人のひらめきだけでは生まれません。仲間や外部の人たちと知恵を出すことで、ユニークなモノを創り出すことができます。主にゼミナールを中心としたプロジェクト型学習でトレーニングを積んでいきます。

ユニークな「企画力」を鍛える

顧客本位の「提案力」を養う

豊富なビジネスの事例や現場から学ぶ

大切なのは、商品やサービスの特別な価値を顧客に伝えること。顧客本位の提案力を磨くため、ビジネス事例を学び、現場体験を通じて「顧客価値」への鋭さを養います。

顧客本位の「提案力」を養う

技術を生かす「創造力」を磨く

SNS活用やアプリ開発の実践から学ぶ

現代社会では、企業はSNSを活用し、アプリを通じて顧客との接点を増やし、多くのビジネスチャンスを生み出しています。ICTを生かしたこうした実践を授業で学びながら、新時代に通用するビジネスを創造する力を養います。

技術を生かす「創造力」を磨く

学生の声

浦谷 英利さん

経営も情報も学べる環境で視野を広げ取り組める。ゼミでは人事について学んでいます。また、海外研修で韓国の有名企業を見学し、視野が大きく広がりました。経営コースを選んだ理由は、学部全体の就職率が高く、経営だけでなく情報の勉強もできるから。教授と学生の距離が近いので、たくさんのことに取り組みやすい環境です。

浦谷 英利さん 3年生 金光大阪高等学校出身

経営コース 主要カリキュラム

カリキュラムはこちら

※カリキュラムは予定であり、変更される場合があります。 ※履修年次はモデルです。

学校法人大阪成蹊学園 大阪成蹊大学 びわこ成蹊スポーツ大学 大阪成蹊短期大学 大阪成蹊女子高等学校 こみち幼稚園